カテゴリー: 未分類

王道のイナズマイレブンシリーズの続編『イナズマイレブン GO シャイン/ダーク』

『イナズマイレブン GO シャイン/ダーク』は、前3作のイナズマイレブンシリーズ同様、LEVEL5のゲームで、超次元サッカーRPGとなっています。 前の3作で登場したキャラの10年後を描いた作品で、雷門中学校サッカー部の監督となった彼らの元に従う新しい主人公である、松風天馬とその仲間達が織りなす作品です。内容としては、前作の主人公である円堂守達がサッカー日本一、さらには世界一にまでなったことで、サッカーは大ブームになり、その勝敗で学校の地位を決めるまでになります。 当然、地位の差は大きく、弱小チームは絶対... Read More

もっと読む

Nintendo3DSについて

Nintendo3DSは不思議な出会いから手にすることとなりました。 実は僕は心身のリハビリをすると言い換えのがいいのか、簡単に言えばフリースクールに通っていたのです。私自身かなり精神的に病んでいた時期で実家に帰り、隣町のその施設に通うことになりました。 そうしたら年下の女の子から、「一緒にポケットモンスターをやりたいからこれあげます。一切代価とかは期待しないし、私を彼女にしなければとか一切関係なく普通に今まで通り接してくれればそれでいいです」って言ってNintendo3DSの本体、充電器、ポケットモンス... Read More

もっと読む

30年経っても色あせない。吉田秋生「吉祥天女」

吉田秋生さんといえば、現在では「海街diary」の原作者として有名ですが、30年ほど前、私が高校生の頃は「吉祥天女」を連載されていました。 別冊少女コミックだったと記憶しています。 当時、少年ジャンプに夢中になっていた私が、わざわざ少女コミックを買うのは「吉祥天女」のためだけでした。他にどんな作品が連載されていたのか全く覚えていません。「吉祥天女」を読んだらクラスの回し読みに回してしまい、そのまま行方不明になっていました。 当然、単行本も買いました。 何故、そこまで惹かれたのか。 第一に絵柄です。 大友克... Read More

もっと読む

「黒子のバスケ 勝利へのキセキ」

ゲームのタイトルどおり、大人気漫画でアニメ化や舞台化や映画化もされた、黒子のバスケのゲームです。メインは主人公の黒子テツヤがいる誠凜高校ですが、WCカップの前に、キセキの世代(黄瀬涼太・緑間真太郎・青峰大輝・紫原敦・赤司征十郎)がいる高校との合宿で、自分がチームのキャラクターを選んで試合をしていき、ある条件を満たすと、学校の枠を超えたチームを作成できるのが面白かったです。 漫画の終わりまで、殺伐としていて、絆が崩壊していたキセキの世代と黒子テツヤが、帝光中学校時代のように、共にバスケをプレイして楽しみ、ア... Read More

もっと読む

ゼルダの伝説神々のトライフォース2

スーパーファミコンで発売された神々のトライフォースの続編となっていますがストーリー的にはうっすらとしか繋がっていません。その繋がりも作中で説明があるので、本作単体でプレイしても何も問題はありません。本作は神々のトライフォースをプレイした事がある者ならば、懐かしさに嬉しくなる作りになっています。続編と銘打っているだけの事はあり、マップから敵のグラフィックまで神々のトライフォースを意識できます。本作独自のアクションとして壁画になるというものがあります。これにより謎を解いたり、通常では行けない場所に壁の中に潜っ... Read More

もっと読む

ものだらけにしないで

最近、断捨離と言う言葉が流行ってますが、私は元からシンプルな部屋が好きであまり物を置きません。 服:季節物等、上下合わせて全て数えても30着までしか置きません。新しい服を購入する時は古い服を「2枚」捨てるようにしています! 服だけじゃ無くて、鞄、小物類、食器、日用品等全て出来るだけ「数を決めて、そのスペースに入る分だけ」しか買わないようにしています。 元からシンプルな空間が好きな人間にとっては「断捨離」と言う言葉が流行る理由がよく分かりません。 「片付け」で良いのでは?と思う時もしばしば。 物を捨てる時:... Read More

もっと読む

3DSソフトがかなり高く売れたこともあるGEO買取

まず、ゲーム買取について説明します。基本的に有名な新作ゲームしか購入しません。購入すれば1か月くらいでゲームをクリアして、すぐに売却しに行きます。 そうすれば、高い値段で売ることができます。3dsのソフトなんですが、買った時と打った時の差額が1000円以下という時がありました。 ドラクエ、FF系はすぐに売却価格が下がります。マリオ系、マリオカート系は何年たっても売却価格が下がりにくく高値で売れます。 例でいえば、最近広告に数年前に出たマリオカートの売却価格が載っていましたが2000円ぐらいの高値がついてい... Read More

もっと読む

ポケットモンスターX

ポケモンシリーズ初の3DS版。ゲームのタイトルはポケットモンスターX。XとYの2バージョンでの発売ですが、バージョン毎の違いは出てくるポケモンや入手アイテムの違いがある程度でストーリー等の違いはありません。様々な新要素が加わり、更に遊びの枠が広がったという印象を受けました。ポケモンの育成もしやすくなりました。ポケモンには隠しステータスが存在しそれを上げるためには戦闘とアイテムによるドーピングを手間暇かけて行う必要がありましたが、本作ではゲーム内にあるミニゲームでいつでもそのステータスを上げる事ができるよう... Read More

もっと読む

妖怪ウオッチ

妖怪ウオッチが子供用と思っている人はぜひとも大人でもプレイしてみると良いですよ。 作り込まれていてしかも物語には引き込まれるものですし何よりも様様な妖怪を集めることができるのです。 可愛いものからそうでないもの、それにイベントが盛りだくさんあり全てこなしていくのも楽しいからです。 またどこか懐かしいそのような街が自分たちが過ごしてきた少年期などを思い出してどこか懐かしさを思い出してしまいます。 夢中に駆けずり回った街などどこにでもありますがそのような体験ができるのもとても楽しいものです。 またいろんな妖怪... Read More

もっと読む

『モンスターハンター3G』

『モンスターハンター3G』 ゲームの内容としては、携帯機で初の水中戦が実装されました。 トライをWiiで遊んでる方は、あまり困らないと思うのですが… あと、3Gが初めてのモンハンという方は、全てが新鮮ですし。 ただ、古参のハンターにとっては水中戦は少しだけストレス。 不慣れな視点切り替えを駆使しての、三次元的な戦闘が待ってます。 これも慣れれば…という話ですが、まるっきり別ゲームですね。 シリーズ物は常に新たな要素を獲得するという義務がありますが… 水中戦というのは少し、個人的には嬉しくない追加でしたね。... Read More

もっと読む