ものだらけにしないで

最近、断捨離と言う言葉が流行ってますが、私は元からシンプルな部屋が好きであまり物を置きません。

服:季節物等、上下合わせて全て数えても30着までしか置きません。新しい服を購入する時は古い服を「2枚」捨てるようにしています!
服だけじゃ無くて、鞄、小物類、食器、日用品等全て出来るだけ「数を決めて、そのスペースに入る分だけ」しか買わないようにしています。

元からシンプルな空間が好きな人間にとっては「断捨離」と言う言葉が流行る理由がよく分かりません。

「片付け」で良いのでは?と思う時もしばしば。
物を捨てる時:売れる物ならリサイクルショップに売りに行きます。

マニアックなおもちゃならまんだらけなどで買取を申し込むといいでしょう。

まんだらけ買取.com | まんだらけの買取価格相場を検証

物を片付けられ無い、物を捨てられ無い方は人に寄りますが「物を大事にする」=「とりあえず捨て無い、置いておく事」と勘違いされてる方が多いように思います。

半年以上、着もしない服をクローゼットの中にしまい込んで挙げ句にその服の「存在」すら忘れる。

使いもしない食器をただその時に可愛いと思ったから、と購入するのは良いけどすぐにホコリが集りほったらかし。これのどこが物を大事にしてるの?と、全く理解が出来ません。
服を1枚買ったんなら、それを洗濯するたびにしっかりアイロンをかけて綺麗に畳んで、決めれたスペースに綺麗に直す。

キジが痛んで来たんなら「まぁとりあえず置いといたら着るか」じゃ無くて、時間はかかるけど優しく手洗いすれば良い。洗濯機はけっこうキジが痛む時が多いです。

それでもやっぱり時間が無い、クリーニングはお金がかかる、手洗いしてまでは…と思うんなら、さっさと売るか捨てるべきだと思います。

「とりあえず」は物に対しても失礼だと思います。
買い物をする際に私はこの時が一番肝心だと思っています。

私は買い物をする時、どれだけ気にいった物があっても、例えそれがその場で買えるお金、買える状況であったとしても、その場では買わず3日は待ちます。

3日待ってめんどうになったり、忘れるんならその程度の気持ちだった、って事だと思います。

3日経ってそれでも欲しいと思って買いに行ったけどもう売り切れて無かった。

そうなったらなったで「あー、あの服(物)とは縁が無かったんだ」と潔く諦めます。

人間にも「縁」と言う物があるのと一緒で、物とも縁かあると思っています。

縁があれば、時間が経とうが自分の手元に来てくれるだろう、と思うようにしています。
よく聞くのが「やっぱりあの時、買っといたら良かった!次からはすぐ買おう!」

これが物を増やす容易の1つ。

その時買えなかったんなら先にも無いと思うけど、と思ってしまいます。

衝動買いはその物が欲しいんじゃ無くて、ただ「買いたい衝動」だけの事なんだと思います。
「物を大事にする」と意味を間違え無いで欲しいと私は思います。